金閣寺の風景

鹿苑寺の通称である金閣寺は、漆地に金箔を押された臨済宗相国寺派の寺院で、鏡湖池の水面にきらびやかな鏡像を映しだします。1994年には古都京都の文化財として世界遺産に登録されました。

もともとこの地には鎌倉時代に西園寺公経(さいおんじきんつね)が建立した別荘である西園寺がありました。後にそれを譲り受けた足利義満は、応永4年(1397年)に、改築と新築によって金箔を貼った舎利殿(金閣寺)に一新し、山荘北山殿を築きました。この北山殿は、義満亡き後もの義満の遺言により、子の義持が舎利殿を残して解体し、禅寺に改められました。その禅寺が義満の法号である「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられたのが金閣寺の起こりです。

その後1467年の応仁の乱で、金閣寺以外のほとんどの建物を焼失しましたが、桃山時代より徐々に復興に向かい、建物も再建されていきました。江戸時代には主要な建物が再建され、舎利殿も1649年に大修理されました。金閣寺は、明治には解体修理もおこなわれながら、庭園・金閣寺を一般公開することで拝観料を徴収して寺収入を確保していました。しかしながら、1950年に一人の僧による放火で焼失しました。現在の金閣寺は、昭和30年に創建当時の状態に復元されたものです。世界遺産登録。

金色に輝く三層の楼閣・金閣寺

きらびやかに輝く舎利殿はあまりにも有名だが、金閣寺という呼び名は通称で、実際の名前は、足利義満の法名からとった鹿苑寺と言う。

足利義満の別邸・/北山殿を義満の死後、夢窓礎石が開山し、臨済宗の寺に改装したもの。三層の金閣は金色だったが、昭和25年放火で全焼、30年に再建された。世界遺産に登録されている。

金閣寺は、多くの小説の舞台にもなっているので、全国的に知られている観光スポットだ。三島由紀夫、水上勉などが代表格。境内は、鏡湖池を中心とした庭園が広がり、池の畔に金色の楼閣金閣寺が建っている様は、息をのむ美しさ、見る人を魅了してやまない。

金閣寺は三層からなり、一層は神殿つくり,二層が武家つくり、三層が禅宗仏殿つくりと言う三つの様式が取り入れられ 二層と三層には純金の拍が貼られている、その美しさは北山文化の象徴と言えそうだ。

ここには江戸時代初期の茶人・金森宗和好みの数寄屋つくりの茶席「夕佳亭(せっかてい)」があり、そこから眺める金閣寺の眺めは抜群。当時の足利義満の栄華を極めた生活を彷彿させてくれる。

しかし足利義満は、日本の歴史上ただ一人天皇家にとってかわろうとした人物、それを思うと豪壮な邸宅、きらびやかな金閣も、義満の野望の象徴として映ってくるから不思議。3大将軍足利義満の金閣寺を北山文化と称し、足利8代将軍義政の銀閣寺を東山文化と呼び、京都の市民たちの誇る文化の象徴であった。

今では京都観光を代表するスポットとなっているのを地下の義満はどう思うだろうか。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協