清水寺の風景

清水の舞台で知られる。778年(宝亀9年)に、延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祭ったのが始まり。798年(延暦17)に、坂上田村麻呂が延鎮との協力の下、長岡京の旧紫宸殿を移築して改築し、堂宇を建造したと伝わっています。


度重なる火災ののち、現在の断崖に立つ舞台造の本堂(国宝)は、1629年(寛永6年)の火災の後、徳川家光が1633年(寛永10)に再建したものです。優雅で趣きのある寝殿造が踏襲されているのが特徴です。この舞台は139本の柱で支えられており、舞台上からは京都市街を一望できます。三重塔(重要文化財)も同時期の再建。奥の院の建つ崖の石段下には、清水寺の寺号の由来である霊水で3筋の水が流れる「音羽の滝」があり、飲めば長寿、健康、学問に御利益があると言われています。

京都観光の代名詞・清水寺

778年延鎮上人が庵を結んだことから始まったとされる京都を代表する観光名所が「清水寺」また一説には、坂上田村麻呂が、観世音菩薩を安置する堂を、音羽山中に建てたのが清水寺の発祥とされている説など諸説あるが定かではない。

山裾の斜面に建てられた舞台つくりの本堂は、1633年家光が、再現したもので、139本の柱を組み合わせて作った壮大な建造物だ。

「清水の舞台から飛び降りたつもりで〜」が全国に知られている舞台つくりの国宝「清水寺」だ。この舞台から実際に飛び降りる人が室町時代から後を絶たず、京都府では、1882年、飛び降り禁止令を出している。

飛び降りるのは、自殺者ではなく補陀落浄土への往生を願ってのことだ。「清水の舞台助から飛び降りる」とは、必死の思い、決意を表すことわざであるが、それは裏を返せば飛び降りても死なないという事を表す言葉だ。

その通り、大半の人が助かっているという。とはいえ、この舞台から見る景色は、抜群、京都市街が一望できる絶好の眺望ポイントには間違いない。特に秋の紅葉時の景色は、見る人を魅了してやまない。

清水の舞台から石段を降りると三筋の水が落ちている”音羽の滝”がある。観光客が競って長い杓子で水を受け、飲んでいる姿を見かける。この三筋は、それぞれ延命長寿、縁結び、学業成就、の御利益があるとされている。
どれか一つ心に念じて飲むと後利益があるとされている。それではと欲張って3つの水を飲んだら、霊水の効果は上がらないと本殿の巫女さんに笑われた。くれぐれもご用心。

現在昭和の大改修で、美しくリニューアルされており、紅葉の季節のライトアップした清水寺は、見る人のため息を誘うこと必至。一度足を運んでみては。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協