円山公園

私が京都の桜で1番好きな桜です。
京都で暮らしていたころ、毎年桜の季節になるといろいろな桜の名所と言われている
ところに出かけましたが、必ず行っていたのが「円山公園の枝垂桜」です。

祇園枝垂桜とも呼ばれている有名な桜の名所です。
また、円山公園は国の名勝にも指定されており全国からたくさんの観光客が訪れる
有名な公園です。公園と聞くとこじんまりしている印象を持ちがちですが、円山公園は
総面積が役9万平方メートルもある京都市で最初の都市公園です。
もともとは八坂神社の一部だってのですが、明治維新後以降に国に納めるという形で
八坂神社から分離されました。公園内には坂本龍馬や中岡新太郎の象もあります。
坂本龍馬と中岡新太郎が2人並んで立っている象は大変珍しく坂本龍馬ファンの間では
高知県の桂浜につぐ人気の象です。

円山公園の中のひときわ目を引くのがなんと言っても「しだれ桜」です。
昭和34年に植えられたもので日本で最も有名な枝垂桜と言っても
過言ではないのでしょうか。最初の桜の木は樹齢200年の老木で、根周りが
4メートルにも達する巨木でしたが、昭和22年に枯れてしましました。
しかし、昭和2年に種子を蒔いていた2世が育成されておりそのうちの1本を
今の場所に植えたものらしいのです。
なので、この桜と祇園の桜は姉妹桜ということになります。そしてこの桜は、和名で
エドヒガン桜の一種で、イトザクラに改良を加えたものです。何年もの間、庭園用の
桜として愛され、親しまれ続けた桜です。この桜は長寿なものは樹齢100年に
なるものも珍しくなく今、円山公園に植えられている桜も、これからどんどん素晴らしく成長していくのだろうなぁと期待しています。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協