京の名刹・南禅寺

京都5山の別格ナンバーワンにランクされ、京都にある禅宗寺院の中でも名刹中の名刹と言われている。
現在の堂宇は、桃山時代以降の再興だが、三門や豊臣秀吉が寄進した方丈など建物の大半が国宝・重要文化財に指定されている。小堀遠州作の枯山水の名庭、、方丈の狩野派の襖絵など見るべきものも多い。

「絶景かな、絶景かな、春の眺めは、値千金とは小さな例え この五右衛門の目からは万両…。」このセリフどこかで聞いたことがあるという人は、大の歌舞伎ファン。そう歌舞伎『楼門五三桐』で稀代の盗賊石川五右衛門が、南禅寺三門の上で大見得を切るシーンである。

ここは、”湯豆腐”の寺として有名だ。南禅寺の周辺には、湯豆腐の店が数多く軒を並べているのが目立つ。その中には、石川五右衛門湯豆腐などあり、なぜ盗賊の石川五右衛門が南禅寺にと思う人が多いはず。以上のよういわれがあったのだ。

ただし石川五右衛門の生きた時代には、応仁の乱で全焼していた。勿論三門もないので、五右衛門が三門に上ることはできない。三門ができたのは、1628年藤堂高虎が大阪の陣の戦死者を弔うため建造したもので、五右衛門の死後34年たった時期であった。

南禅寺は、撮影やTVコマーシャルの撮影地としても有名だ。境内奥にある、琵琶湖の水を京都に運んだ「水路閣」である。明治時代のレンガ造りで、古代ローマの水道橋を参考に建築されたもので、レトロ調な雰囲気が受けて写真マニアでいつも賑わっている観光スポットだ。

広大な境内は四季折々に表情を変える。特に秋の紅葉の季節は圧巻、訪れる人をその美しさで魅了してやまない。



南禅寺の説明と概要

南禅寺は私が好きなお寺の一つです。
京都で過ごした学生時代によく訪れていました。
私の周りにも南禅寺のファンの人もたくさんいました。
特に、桜や紅葉の名所スポットとしても人気があります。
京都からだけではなく、全国からたくさんの人が観光に訪れていました。
南禅寺の魅力はたくさんありますが、その中の一つに「方丈庭園」の美しさ
があります。
方丈庭園は古山水(かれさんすい)の庭です。枯山水とは、水を使わずに
石や砂などによって山水の様子を表現する庭園様式のことですがこの方丈庭園
にもこの様式を用いられています。
石を親虎と子虎に見立てて、白砂で川や水をイメージさせています。
虎の親子が川を渡っている様子を表現している庭は人々を魅了し続けています。
そして、わたしがもう一つ大好きな場所があります。
「水路閣」です。レンガ造りの疎水橋で本当に素敵です。水路閣は明治21年に
建築されたものです。美しいアーチを描く全長93メートルの橋の素敵さは
はじめてみた時には体中に衝撃が走りました。琵琶湖疏水の設計者の
田辺朔朗氏の設計です。なんと田辺氏が21歳の時だったとか!!!
古代ローマの水道橋が手本となっているだけあって
西洋の雰囲気が漂っています。そして、この水路閣は現在でも水を運ぶ疎水
として使用されています。
いつ行っても、水路閣は素敵な事にかわりはありませんが私が特にお勧めする
季節があります。紅葉の季節の水路閣は本当に特別です。
くすんだ感じのビンテージライクなレンガの色と真っ赤な紅葉が一緒に眼の中に
飛び込んでくるのです。
美しすぎて涙がでそうなほどです。
この水路閣の美しさや、独特の雰囲気に引かれて多くのドラマやCMにも用いられて
いるので水路閣とは知らずに目にした事がある方もたくさんいらっしゃるのでは
ないのでしょうか。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協