世界的に有名な石庭・龍安寺

1450年細川勝元が徳大寺家から譲り受けた山荘を,勝元の死後、妙心寺の義天和尚を招いて禅寺に改めた
龍安寺は、妙心寺派の古刹と言えよう。妙心寺派、大徳寺の禅道場から出た分派である。

この寺は、なんといっても世界的に有名な「ロック・ガーデン」方丈の石庭だ。
三方を低い油土塀で囲んだ250屬猟絞形の庭で、白砂を巻きつめた中に大小15個の石を左から5・2・3・2・3に配している。石の配置から「七・五・三の庭」とか「虎の子わたしの庭」とも呼ばれている。

白砂で水を、石組みで山容渓流を表現した端正な美が人々を魅了してやまない。
見る人を自由な創造にいざなう、枯山水庭園の白眉と言えよう。世界遺産に登録されている名庭だ。

現在も庭の意味を巡って議論が続けられているとか。15という数字は完全を意味するというが、どこから見てもこの庭の15個の石を一度に見ることはできないという。実際試してみたが本当に見えなかった。

見えないように配置しているわけは、そこにどんな意味が隠されているのか謎の多い不思議な寺である。そこが外国人を含め人気のある所以と言えよう。

この寺でもう一つ有名なのが、水戸黄門で知られる徳川光圀が寄進したと言われている銭型つくばいがある。それには四文字が刻まれていて「吾唯足知(われただたるをしる)」で、禅の教えを表しているという。

この謎に魅せられて何度かこの寺に足を運んだ一人でもある。秋の紅葉の季節の景観は格別。鏡容池を中心に衣笠山を借景とした紅葉の夕景は絶景。
また雪景色に覆われた禅の美を極めた石庭の素晴らしさも体験した。



龍安寺の説明と概要

龍安寺と聞いて最初に思いつくものはなんですか。
私は、龍安寺の石庭です。
社会科の授業中にはじめて教科書で見たときに心の底からきれいだなぁと
思った記憶がいまだにあります。
まだまだ子供で『わびさび』なんて言葉も覚えたばかりだったのに、龍安寺の
独特の雰囲気にすっかり惹かれてしまったのです。
龍安寺は、今から約500年以上前の室町時代に細川勝元が創建した臨済宗妙心寺派の
寺院です。昔の寺院にはつきものの火災による被害をうけております。
龍安寺は応仁の乱で大半を焼失しています。勝元の子の、細川政元によって再建されて
今の美しい姿となっています。
もちろん、龍安寺の石庭は世界遺産として登録されています。
そして、龍安寺の中でももっとも有名なのがなんと言っても石庭です。
室町時代におけるトップクラスのセンスの持ち主に作られたものです。
龍安寺の石庭には15個の石がレイアウトされています。ランダムな石のレイアウトが
本当に素敵です。でも、15個の石がレイアウトされていると言われていますが、
「どの角度から眺めても必ず1個の石は他の石に隠れて見えないように計算されて
レイアウトされている」のです。
実際に、行って確認してみましたが、本当にその通りでした。
いろんな角度から、眺めてみたのですがどこからも14個しか確認できませんでした。
何のためにこのような仕組みをつくったのでしょう。
残り1つの石は心眼(心の目)で隠れた石を見抜くというのが、この石庭の正しい本来の
見方だそうです。さすが、禅宗の寺院です。
私は、無宗教ですがこの石庭を眺めていると心の中がどんどん無になって
しっかり自分と見つめ直す時間を持てるから不思議です。
本当にすばらしいものは、時代を超えてなおずっと人々を魅了し続けるんだなと
思いました。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協