臨済宗天竜寺派大本山・天龍寺

室町幕府を開いた足利尊氏が、1339年、後醍醐天皇供養のため、夢窓疎石の勧めで、天龍寺を建立した。
室町時代は、京都五山の第1位を占め、世界遺産に登録されている名刹。

しかし度重なる火災に見舞われ、創建当時の壮大な面影は留めていない。が、現在の諸堂は、明治時代になって再建されたものだ。法堂の天井に描かれている「雲龍図」は日本画家・加山又造画伯によるもの。

方丈には、藤原時代の重文・釈迦如来座像、日光立像が安置されている。
落慶法要は、1345年に営まれ、建物は火災で失われたが、庭園は当時の面影を残している。

亀山や、嵐山を借景にした見事な庭園は、池泉回遊式で、夢窓国師の作庭と言われている。大きな池には、竜門の滝や、石橋が配されていて墨絵の世界がパノラマとなって迫ってくる。この名庭は、京都でも屈指の庭園として訪れる人は多い。

それは、国の史跡・名勝1号に指定されたことが証明している。ここに禅の悟りに至る別天地を作り上げようとした意図が十分に読み取れる見事な作庭である。特に正面奥の滝の石組みに伺えよう。『太平記』にも「天性水石に心を寄せ」と語られている。

天龍寺のまっすぐに伸びる参道には、白壁の塔頭が並ぶ様はまるで別世界。この静寂な道を歩くたびに、禅の悟りに近いものを感ずるとある小説家が語っていたが、その静寂さとたたずまいに触れ、判った様な気がしたのは気の勢か。



天龍寺の説明と概要

天竜寺は京都嵐山にあります。京都にはたくさんの観光名所がありますが
「天竜寺」ももちろんその中の一つです。国指定重要文化財なのです。
また、世界遺産としても有名です。
天竜寺は1239年足利尊氏によって善寺として作られました。
その度に焼失しており、創業当時のものは殆ど残っていないお寺です。
というのも、長い歴史の中で何度も火災による被害にあっているからです。
応仁の乱や蛤御門の変などが有名な火災の一つです。
なので、現在に残されているものは明治時代以降に作り変えられたものが殆どです。
足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの寺院として由緒正しいお寺です。
また、庭園(特別史跡、特別名勝)としてもとても有名です。
天竜寺の見所はたくさんありますが、紅葉の時期の絶景は本当にすばらしいです。
私も何年か前に紅葉を見に訪れました。
紅葉の時期の京都はどこも人が多いですが、天竜寺は嵐山エリアで
1番大きいお寺ということもあって本当にすごい人です。
駅を降りてからの人の多さにげんなりもしましたが目の前に広がる一面のもみじを
見るとそんな気持ちは一瞬で吹き飛んでしまいました。
まさに極彩色の世界でした。とても見事で見ごたえのある景色でした。
紅葉の見事さはもちろんですが、もう一つ私の心をとりこにしたものがあります。
それは、特別史蹟名勝に指定されている曹源池です。
曹源池は夢窓国師が作庭した借景式庭園です。この曹源池は日本初の史跡、特別名勝
指定に認定されたものです。夢窓国師は、京都五山を確立させた禅宗のお坊さんです。
天竜寺の他に、西芳寺などの庭つくりにも携わっています。
夢窓国師は、詩や書道にも優れていましたが、彼にとってはそのすべてが
禅の実践の全てだったと言い伝えられています。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協