五重の塔で知られる・東寺

新大阪を出て京都へ到着する前、新幹線の車窓から見た人は多いはず、車窓から見える五重塔のある寺が弘法さんで知られる「東寺」だ。

794年桓武天皇が平安京を造営された時、羅城門を挟んで、東西に建造された守護寺の一つで、東側に建てられたので「東寺」、西側に建てられた「西寺」は今は廃寺となっている。

東寺が本格的に活動するのは弘法大使、空海が嵯峨天皇から東寺を賜ってからである。空海は真言密教の根本道場に作り上げ、教王護国寺と呼ぶようになった。現在は、国宝だけで、56点。重文128点を蔵するほど見どころの多い寺としても知られている。

その主なものは、建築物では、金堂、五重塔、太師堂など。講堂は、室町時代の再建で、堂内には空海の構想により21体の仏像が、立体曼荼羅となって安置されている。

仏像では、大日如来を中心に菩薩、如来、明王、毘沙門天など。
それ以外でも「東宝記」や弘法大師請来目録、宗教法具、など数店が、宝物館に所蔵されている。

ここでの観光スポット以外で、京都庶民の人気を集めているものがある。“弘法さん”と呼ばれる縁日である。弘法大師がなくなった835年3月21日にちなんで、毎月21日御影供が催される。

また12月21日には、“終い弘法”と言われ、大規模な骨董市が開かれる。

東寺のシンボル的存在の五重塔は、826年弘法大師の創建時に始まり、たびたび火災に見舞われ、4回に及んでいる。現在の塔は、1644年徳川家光の再建で、鷹さ57mの日本最高の五重塔である。



東寺の説明と概要

東寺を知らない日本人はいるのでしょうか。
日本でもっとも有名なお寺といっても過言ではないでしょう。
東寺の正式名称は教王護国寺といいます。
794年に桓武天皇が平安京に遷都した際に、平安京鎮護のために作られたと
されています。羅生門のあった東門に東寺、西に西寺を建てたと言い伝えられています。
しかし、西寺は今では存在していません。そして、東寺は建てられたときのままであり
場所も変わっていないとされています。
時は流れて、桓武天皇の後嵯峨天皇が即位しました。嵯峨天皇は弘法大使に東寺を
託します。弘法大使は、唐で新しい仏教を学んで日本に帰ってきていました。その新しい
仏教とは「密教」です。
このようにして、東寺は日本で始めての密教寺院となりました。
密教とは、漢字の通り秘密の仏教です。秘密の仏教というと怪しい感じがしますが
ここでいう密教とは怪しい仏教ではありません。
一人の弟子に対して一人の師匠がつき教えを説いていく、という口伝という方法で
伝えていくので、秘密の仏教といわれているのです。
密教では曼荼羅(まんだら)がとても重要なってきます。
東寺を託された弘法大使も寺の敷地内に曼荼羅を表現しようと、密教の主尊である
大日如来を境内の中心に据えています。
東寺の歴史を見ていくと歴史的にもとても貴重で、もちらん世界遺産にも登録されています。
しかし、今の私たちにとってとても見近な存在でもあり続けています。
東寺では、毎月21日に「弘法さん」と呼ばれて親しまれている東寺縁日が行われているのです。
もともと「縁日」とは神様や仏様と縁を持つ日といわれており、この縁日に
参拝するとよいといわれていた日です。当初は、祖師空海入寂の3月21日にちなんで
毎月21日に御影堂で行われていた御影供のことです。最初は年に1回の行事でしたが
1239年以降は毎月行われています。
これが、現在の「弘法さん」の起源といわれています。

地域案内
清水寺
金閣寺
銀閣寺
三十三間堂
八坂神社
南禅寺
東寺
大徳寺
二条城
龍安寺
伏見稲荷大社
下賀茂神社
北野天満宮
寺田屋
西本願寺
知恩院
円山公園
天龍寺
平安神宮
HOME -京都の風景
京都体験談
京都の住宅事情
京都の生協